スマートマットを利用したコピー用紙の自動配送サービス開始をアスクル(株)が発表

投稿日:2019年1月28日

アスクル株式会社は、株式会社スマートショッピング (代表取締役:志賀隆之/林英俊)が提供する、消耗品の残量を⾃動計測する最新IoT機器「スマートマット(https://smartmat.jp)」を用いたコピー用紙の自動配送サービスに関し、2019年2月下旬からの提供開始(予定)を発表しました。

「スマートマット」は、株式会社スマートショッピングが提供する最新IoT機器で、電池とWi-Fiで動作するため置き場所も選ばず、重量センサを搭載した本機器上に物を置くだけで常に残量・残数を自動計測します。

● サービス名称: コピー用紙自動配送サービス with スマートマット
● 概要: 重量センサを搭載した「スマートマット」を使用し、自動でコピー用紙を注文・お届けするIoTサービス
● 特長: 「スマートマット」上に物を置くだけで、残量を自動計測し、コピー用紙の自動再発注・配送を実現します。人手不足解消、発注忘れやミスの防止、在庫最適化、経費節減などに役立ちます
● 利用料金: 300円/月(スマートマット購入代金 0円)
● 開始時期: 2019年2月下旬(予定)

 
● 日本語版プレスリリースは こちら(アスクル株式会社プレスリリース)
● 特設サイトはこちら(アスクル内特設ページ)
 

「スマートマット」は、重量センサを搭載した汎⽤性の⾼いIoT 機器です。A3 とA4 の2 サイズで幅広い消耗品に対応し、電池+Wi-Fi で動作するため置き場所も選ばず。機器上に物を置くだけで、常に残量・残数を⾃動計測・管理します。スマートマットを⽤いた在庫管理・⾃動発注ソリューションは2018 年10 ⽉15 ⽇(⽉)に開始済み。オフィス・飲⾷店・⼯場・倉庫・⼩売・病院などで、業務効率化・⽣産性改善に寄与しています。

 

【スマートマットを使ったIoTソリューションの概要】(https://smartmat.jp/)
オフィス・飲食店・工場・流通・病院など幅広い業種のビジネスユーザー向けに、独自IoTデバイス「スマートマット」を用いた、残量管理・自動発注サービスを提供しています。

【株式会社スマートショッピング 会社概要】
代表取締役 志賀 隆之 / 林 英俊
本社所在地 〒141-0031 東京都品川区西五反田2-1-22 プラネットビル5階
事業内容  価格比較メディアの開発・運営、自動発注・在庫管理IoTソリューションの開発・運営 等
電話連絡先 03-4405-5629(代)
資本金   2億2,093万円(資本準備金等を含む)
会社設立  2014年11月

【本件に関するお問合せ先】
株式会社スマートショッピング 広報担当
メールアドレス:contact@smartshopping.co.jp