スマートマットを利用したAmazon Dash Replenishment対応の自動再発注ソリューションが日本経済新聞に掲載

投稿日:2018年12月11日

株式会社スマートショッピング (代表取締役:志賀隆之/林英俊)が2018年12月5日より提供を開始した、スマートマット(https://smartmat.jp)を用いてAmazon Dash Replenishmentで消耗品を自動再発注するソリューション(https://smartmat.jp/drs)が、2018年12月6日の日本経済新聞様に掲載されました。

「10月から本格販売を始めた「スマートマット」に機能を追加した。消耗品をスマートマットの上に置くだけで、常に残量を計測。一定の量まで減ると、クラウド経由で自動でアマゾンに発注する指示が飛ぶ。管理画面で選択すれば、すぐに利用できるようにした。自動発注は従来、個別にシステムを構築する必要があった。まずはアマゾン上で販売するウオーターサーバーや飲料など150種類の商品が対象となる。」(日本経済新聞 電子版 2018年12月6日(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38630890W8A201C1000000/))

今回「スマートマット」が「Amazon Dash Replenishment」に対応することで、お客様は「スマートマット」の上に消耗品を置くだけで、消耗品が減ったタイミングでAmazon.co.jp で⾃動的に再注⽂します。「必要な時になくて困った」「発注時間が勿体無い」という⽅にぴったりで、⼈⼿をかけずに消耗品が切れる⼼配がなくなります。

・日本語版プレスリリースは こちら
・英語版プレスリリース(English Press Release)は こちら
・Amazon Dash Replenishment Service概要は こちら (英語サイト)

【スマートマットを使ったIoTソリューションの概要】
オフィス・飲食店・工場・流通・病院など幅広い業種のビジネスユーザー向けに、独自IoTデバイス「スマートマット」を用いた、残量管理・自動発注サービスを提供しています。
https://smartmat.jp/

【株式会社スマートショッピング 会社概要】
代表取締役 志賀 隆之 / 林 英俊
本社所在地 〒141-0031 東京都品川区西五反田2-1-22 プラネットビル5階
事業内容  価格比較メディアの開発・運営、自動発注・在庫管理IoTソリューションの開発・運営 等
電話連絡先 03-4405-5629(代)
資本金   2億2,093万円(資本準備金等を含む)
会社設立  2014年11月

【本件に関するお問合せ先】
株式会社スマートショッピング 広報担当
メールアドレス:contact@smartshopping.co.jp