2019年7月24日付で、株式会社スマートショッピング(以下、当社)が提供するIoT機器スマートマット※1が、株式会社ZMP、東日本電信電話株式会社(以下、「NTT東日本」)、株式会社エヌ・ティ・ティ・ロジスコ(以下、「NTTロジスコ」)が実施する物流業界向けサービスの実証実験に採択されました。 (今後の展望を含む実証実験の詳細に関しては、本リンクよりご確認頂けます)。

自動運転向けクラウドサービスであるRobo-Hiを物流支援ロボットCarriRo®(キャリロ)と連携させ、Wi-Fi経由でCarriRoのステータス管理を行うとともに、荷重管理のできるIoT機器スマートマットを活用した物流業界向けソリューションの検討、サービスの高機能化を図る予定とのことです。当該実証実験では、NTTロジスコの物流現場において、サービスの実用性及び導入効果に関する検証を実施する予定であり、当社はNTT東日本に対してIoT機器スマートマットを提供いたします。
※1 当社が2018年10月から提供した重量センサの搭載された重量計です。Web管理画面で在庫の残量・残数チェックや在庫重量が一定の閾値を上回る、または下回ると、その情報がWi-Fi経由で指定の連絡先へ通知されます。IoT重量計スマートマットは、在庫の見える化や補充効率化、在庫推移のデータ化、発注自動化等を目的に多様な業種で利用されています。

当社が提供するIoT機器スマートマットは、2018年10月にKDDI株式会社が提供するIoTクラウド マットセンサ―、オザックス株式会社が提供する受発注システムMPSとのサービス連携、2018年12月にアマゾン・ジャパン合同会社とのAmazon Dash Replenishmentサービスを活用した自動再発注サービス連携、2019年2月にアスクル株式会社とのコピー用紙自動配送サービスへのサービス提供と、自動発注や在庫管理の効率化においてサービス連携を拡充しており、本プレスリリースにおけるNTT東日本に対するIoT機器スマートマット提供もその一環になります。

 

●プレスリリースはこちら

●NTT東日本ホームページはこちら